確定申告でお困りのお客様

  • ・確定申告時期が近づいているのに、何の準備もできていない、何から手をつけたらよいのか分からない。
  • ・確定申告を作成している時間がないため、専門家に任せ、自分は営業に集中したい。
  • ・確定申告に向けた節税方法を教えて欲しい。

確定申告は1年に1度の締めです。
「時間がない」「全然分からない」方のために、当事務所が分かりやすくを第一に、適切な確定申告書を作成いたします。

当事務所で確定申告を依頼することのメリット

本業への集中

もちろん、ご自身で申告書を作成されるのがベストなのですが、1つ1つ調べて作成するのはかなりの時間と労力が必要です。多忙な方は時間がありません。
当事務所に申告を依頼することにより、細かいことを調べたり考えたりする負担はなくなり、空いた時間を営業等の本業に集中することが可能になります。

節税効果の発揮

自身で申告書を作成していると、気づかないうちに有利なほうを選択し忘れてたり、控除項目を忘れてたりと、損をしてしまうことがあります。
専門的な知識が必要とするケースもまれにあります。
その点税理士に依頼すれば、漏れ等はなくなり、適切な申告が可能となります。
また、白色申告から青色申告に変えることによって65万円の青色申告控除の特典がつき、住民税と合わせて最大で約30万円の節税を見込むことも可能になります。

次年度以降の確定申告、節税に向けてのご提案

無事に確定申告が終わり、提出が完了しましたら、必要に応じて次年度に向けてのご提案もいたします。
それにより、今後は日々の節税を意識した取り組みが可能となります。
当事務所に申告を依頼することにより、細かいことを調べたり考えたりする負担はなくなり、空いた時間を営業等の本業に集中することが可能になります。

サポートプランの主な内容

領収書整理・記帳・
決算書(内訳書)・申告書
決算書(内訳書)、申告書作成 申告書作成
全く整理等していない方のためのプランです。
「途中まで整理しているが、その後放置してしまったので続きを処理して欲しい」方も対象です。
途中まで作業されている場合は割引対応いたします。
記帳はできており、それに基づいた決算書・申告書の作成をお願いしたい方のためのプランです。
煩雑な決算処理を専門家の税理士にお願いすることにより、事務処理負担が大幅に減り、空いた時間を本業に集中することができます。
税務申告が複雑で分からない方のためのプランです。
既に出来上がった帳簿、決算書をもとにスピーディーに対応いたします。
・領収書等に基づく記帳代行
・決算書・内訳書の作成
・確定申告書の作成
・決算書・内訳書の作成
・確定申告書の作成
・確定申告書の作成
<対象>
・領収書は集めてはいるが、何も整理していない、何から手を付ければよいか分からない方
・時間がないのでとにかく一式お願いしたい方
<対象>
・日々の記帳・整理はできているが、決算特有の処理や、申告書の作り方が分からない方
・確定申告を自分で作成している時間がない方
<対象>
・決算書までは作成しているのであとは申告のみお願いしたい方。

確定申告後の対応

決算直前や決算後でもある程度の節税は可能ですが、どうしてもとりうる対策が限られてきます。
より効果的な節税を心がけるためには決算だけの対応ではなく、日常から意識して取り組んでいくことが重要です。
そのため、長期的な視点からの節税を心がけるためには、決算前に事前に相談、対策が打てる税理士との顧問契約を締結されることをお勧めしております。

税の専門家である税理士が会社や経営の状態を定期的にチェックし、無理のない節税をご提案いたします。
節税だけでなく、経営に関する悩みや相談も全般的にサポートいたします。
月次顧問料という金銭的負担が発生しますが、節税効果も踏まえるとそれ以上の価格でお客様に還元されるものと考えております。

ご相談の流れ

ご相談の流れは以下のようになっております。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

まずはお電話またはお問い合わせフォーム(メール)にてお問い合わせください。

お問い合わせの際、大まかなご依頼内容をお聞きします。
その上で打ち合わせ日時、当日ご準備いただきたい内容や資料等をお知らせいたします。

打ち合わせ

ご訪問、またはご来訪いただき、事業の概況等を把握した上、資料の整備状況、ご依頼内容を詳細にお聞きします。

お見積り

打ち合わせ内容により、お見積りを作成いたします。
時間がない場合は料金テーブルを参考に打ち合わせ当日に見積額を提示いたします。

ご契約

サービス内容、お見積り内容にご合意いただけましたら、契約書の作成、サービスを開始いたします。
契約書の内容をご確認いただきましたら、お互いに署名押印し、契約完了となります。
原則、契約金額の一部または全部を前金として頂戴いたします。

弥生PAP

ページの先頭に戻る