決算診断サービス

決算書をただの税金のための資料にするのはもったいない!

決算書の目的は納税のためだと思っていませんか?
もちろんそういった目的はあります。


しかし決算書は過去の業績結果である以上、この1年の会社の経営状態を映し出していることに他なりません。
さらに経営者ならば、翌期はもっと成長させたい、何とか持ち直したいなど、状況に応じて様々な思いがあると思います。
そこで過去の業績結果である決算書を、未来の成長のために活かしましょう。
さらに、財務資料はP/Lしか見ていないここ数年、資金繰りに悩んでいるが一向に改善しない半年先までの資金の見通しが立っていないこんな方は要注意です。いざという時のためにも、会社の現状を知ることが大切です。

弥生PAP

ページの先頭に戻る